いろいろあったんだね~

黒柳徹子さんのエピソードです。

研修生時代のエピソードも添えた徹子さん。
先輩俳優から「いいか、覚えとけ。蹴落とさねえ奴は、蹴落とされるんだ」
と厳しい言葉を受けたという徹子さんは、

「私は、1リハ(第1リハーサル室)の壁を蹴って、泣いた」
と悔し泣きした過去を告白してました。

そんなこともあったんだね~・・・。泣泣

目指していた理想とのギャップに強い嫌悪感を抱いたそうで、
「私は、人を蹴落としたりなんかしない。そんな事までして、女優になんかなりたくない!」
とあらためて決心したことをつづってました。

そんな感じの人ですよねー。

現在に至るまでの63年間を振り返り、
「考えてみると、自覚はしなくても、誰かを蹴落として、ここまで、やって来たのかもしれないのです」
と重みのある言葉も。

それでも当時の決心は揺らいでおらず、
「誰かを蹴落とそうなんて、思わないで、ここまで、仕事をして来れたことに、感謝しています」
と強く優しい信念が感じられるコメントで投稿を締めくくっています。

さすがです!
あっぱれ!!

このブログ記事について

このページは、えなが2018年3月 1日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カードが使えない?」です。

次のブログ記事は「ぞうきんがけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。