ショービジネス

プロレスはショービジネスか。
個人的にはショー・ビジネスだと思っています。
レスリング、というものを見るのはOlympicの時くらいですが、
宣伝でちらっと見るプロレス、というものと明らかに違う。
プロレスは「見せてる」。
なのであれは立派なビジネスで、ショーなのだ。
倒れる倒れ方や、相手に攻撃をする時のワザも、「見せる」ためのもの、そうでしょ?

どう勝つか、どう負けるか、その「様」を売り物にしてる。って思っています。
だって、台本があるって噂ですよ、どちらが勝つかも最初から決まっているとか?
そういうもの、として見たら面白いかも??

お客さん(観客)が楽しんでくれなかったら続かないビジネス、ですね、
そう考えたら八百長(いえいえ!そうでもない、、かな?)も仕方ないのです。
なんでもそうですね、そう思って見てたら帰って楽しいです。
お笑いのコンビがアドリブでなにかやってるように見えるものも、
実はちゃんと仕組まれている、とかね。

見る側を楽しませてこそ、の、スポーツもあるのだ。

てなことで、プロレスは一度もちゃんと見た事ない私でした。

このブログ記事について

このページは、えなが2019年3月 1日 16:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さんちゃん」です。

次のブログ記事は「英語を聞き取る猫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。