数回ある

飛行機のなかで「お客様のなかにお医者様はいませんか?」のアナウンス。
数回経験があります。
毎回、、、いるんですねー、不思議と笑
診察は簡単にしか出来ないし、飛行機に積まれているAIDのものでなんとか処置をする、みたいです。
責任はない。
獣医であろうが医療に従事してたら名乗り出るみたいですよ。
人助けですもんね。
医者ってことはパスポートだけでは分からないけど、
良心が痛むのでしょう、もし無視なんかしたら。

これとは別に、飛行機の後ろの方から乗り込んできた大きなものがあって、
飛行機が動き出してだいぶたってから、それが「人間」であることに気づいたこともあります。
ベッドのまま(ストレッチャー)運ばれてました。
医者か看護師も数名ついていました。
事情があっての移動なんでしょう。
あれも大変ですねー、本人も、まわりも。機長も(?)。

一説によると、名乗りをあげないのは違法性もあるらしい。
(分からないと思うけどねーー)
なので名乗り出て、処置をするのかなって思います。
ひとりでも誰か十字する人が載っていたら心強いですよね。
救急隊だっていいよね、素人ではないはずです、出来る事と出来ない事はあるかもだけど。

このブログ記事について

このページは、えなが2019年7月 1日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熱い飲み物」です。

次のブログ記事は「突っ張り棒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。